|こ


コアボン|Cor-Bon

アメリカの弾薬メーカー。コーボン。


光学照準器|こうがくしょうじゅんき

Optical Sight(オプティカルサイト)。主なものにスコープ(テレスコピックサイト)やドットサイトがある。

Optical


口径|こうけい

Caliber(キャリバー)。本来は銃身の内径をいうが、多くはその実寸よりも使用する弾薬名から表記する。


腔線|こうせん

Rifling(ライフリング)。弾丸に横の回転を与えて弾道を安定させ飛距離を伸ばすために、銃身の内側に設けられた線状の溝をいう。腔綫(こうせん)とも書く。


後装式|こうそうしき

Breech Loading(ブリーチローディング)。前装式が銃口から弾薬を込めるのに対し、後装式は銃身の後から弾薬を込める。元込め式ともいう。

BreechLoading


黒色火薬|こくしょくかやく

Black Powder(ブラックパウダー)。現代使用されている無煙火薬に比べて燃焼が遅くエネルギーも低い。発砲時には多くの煙を発する。

Musket


古式銃|こしきじゅう

ピンファイアーやパーカッションロック以前の、古い発射方式の銃のこと。

Percussionlock


腰だめ|こしだめ

Hip Fire(ヒップファイアー)又はHip Shooting(ヒップシューティング)。照準器を使わずに腰元で構えて撃つこと。

Hipfire


コッキング|Cocking

トリガーを引けば発砲が可能な状態にする動作をいい、主にハンマーを起こしたりスライドを引くことを指す。簡単に「コック」ともいう。

FullCock


コッキングハンドル|Cocking Handle

主に初弾を薬室に送り込むなど、トリガーを引けば発砲が可能な状態にするための手動のハンドル。チャージングハンドルとも呼ぶ。

ChargingHandle


コック|Cock

鶏頭(けいとう)。先込め式銃の時代、火打ち石を挟む部位がトサカを持つニワトリの頭に似ていたことから呼ばれるようになった名称。その後に開発されたハンマーとは異なる。

Cock


コックアンドロック|Cocked and Locked

ハンマーを起こした状態で安全装置をかけること。

ThumbSafety


コーニング|Corning

粉末状の黒色火薬を「粒状」にすること。湿気から守り効率的に燃焼させるために行う。


コーム|Comb

ストックの上部をいう。頬付け用に別途で取り付ける物はチークレスト、チークピース、チークパッドなどと呼ぶ。

Comb


ゴールデンセイバー|Golden Saber

ホローポイント弾薬の一種。弾丸先端の切れ込みを螺旋状に深くし、着弾時により広がり易くしたもの。

GoldenSaber


コルト|Colt

アメリカの銃器メーカー。名称は創業者のSamuel Colt(サミュエル・コルト)氏から付けられた。

Colt


コンシールド|Concealed

「隠す」という意味を持つ言葉で、銃を周囲から見えない状態で携行することを「コンシールドキャリー」や「コンシールドウェポン」という。

Concealed


コンシールドハンマー|Concealed Hammer

主に回転式拳銃で、ハンマーが引っ掛からないようにフレーム内に収めてあるモデルのこと。シュラウデッドハンマーやハンマーレスと呼ぶこともある。

Hammerless


コンバージョン|Conversion

変換(へんかん)を意味する。コンバージョンキットなど、主に銃の外装や口径などを切り替えることをいう。


コンバット|Combat

戦闘(せんとう)という意味。コンバットショットガンというと、狩猟や競技向けではなく「戦闘用に開発された散弾銃のモデル」を指す。


コンペンセイター|Compensator

発砲時の反動を抑えるために銃口部に装着する部品及び加工をいう。別称マズルブレーキ。

Muzzlebrake


|こ




Copyright © 2017 Gunstrip.net
All Rights Reserved.