リローディング弾薬

Reloading Ammunition



リロード弾とは?:使用済みの薬莢を洗浄及びリサイズし、新しい雷管と発射薬と弾丸を装着して完成させた弾薬のことで、ファクトリー弾(工場出荷の新品)に比べてコストダウンや個々の目的に応じたものを作ることができる。


ライトロード弾(弱装弾及び減装弾)とは?:ハンドローディング及びリローディングの際に、使用する銃や目的に合わせて発射薬の量を基準値よりも少なくして作る弾薬のことだ。


reloader

リローディングキットと使用済みの薬莢


観光射撃場は全てリロード弾?:そうではない。コース(パッケージ)に含まれないような限られた銃でのみ使用する弾薬や、汎用のものでも.22LR(リムファイアー)のようにリローディングを行わない弾薬もある。またリロード弾を使用する銃でも事前に申し出ることで、料金は高くなるがファクトリー弾を選べる場合もある。


観光射撃場の弾薬は火薬の量が少ない?:実際によくある事だが、決してネガティブに考えるものではない。観光客向けの射撃場に訪れるのは銃に慣れた者ばかりではなく、むしろ初心者が中心で力の弱い女性や子供を含むファミリー利用も多い。ライトロード(弱装弾)により威力と反動を下げることは、安全と安心に繋がるポジティブな要素だ。


factory 01

観光客射撃場で出してもらう新品の弾薬


他の店は火薬を減らすがうちの店は違う:これは観光射撃場で定番の売り文句だ。何故この台詞が売りになるのかは説明するまでもないだろう。真に受けず、お客さんに気分良く撃って帰ってもらうための「リップサービス」くらいに捉えよう。同様に「当店は全てファクトリー弾を使用しています」という記載があっても、実際にはそうではない場合がある。


必ずファクトリー弾で撃つには:一般的な射撃場のように箱単位で購入する流れになっていれば間違いないが、観光客向けの射撃場では稀なケースだ。屋内射撃場に比べて野外射撃場がファクトリー弾を使用する傾向にあるのは、射撃場の経営と銃や弾薬の提供者が「別」の場合があるためで、野外だからファクトリー弾とは限らない。憶測で行かず事前によく確認しよう。


factory 02

一般的な射撃場で購入して撃つ弾薬


利用目的に合わせて選択をする:リロード弾薬で「銃を体験してみたい」「沢山撃ちたい」「的に当てる練習をしたい」「安く済ませたい」といった欲求は満たせる。ライトロード弾薬なら「大口径の銃を撃ちたいが大きな反動が怖い時」には最適だろう。ファクトリーロード弾薬は「割高だ」と感じないくらいの目的がある際に選べば良い。


※この記事は、筆者が海外で利用する数十カ所の実弾射撃場の経験を基に書いており、主観も含まれます。




Copyright © 2017 Gunstrip.net
All Rights Reserved.